季節ごとの育て方のポイント

胡蝶蘭というのは贈り物で好まれる植物でもありますし、自分で胡蝶蘭やデンドロビュームなど様々な蘭を育てているという人も多いのではないでしょうか。しかし胡蝶蘭は非常に繊細ですから、育て方に十分な注意が必要です。ここでは胡蝶蘭の季節ごとの育て方を解説します。

●春の育て方
胡蝶蘭は寒さに弱い植物ですから、春になり、暖かくなると、安心する人もいるのではないでしょうか。暖かくなってきたらできるだけ日差しを当ててあげましょう。室内の温度は15度以上を保ち、出来る限りレースのカーテンのそばに置いておくと適量の日差しを浴びることができます。
10日に1回、コップいっぱいほどの水を与えてあげましょう。もし花が終わっているのであれば、そして今まで2年ほど植え替えをしていないのであれば、春に植え替えることが大切です。寒さに弱いからこそ、胡蝶蘭の植え替えは冬場を避ける必要があります。
また、夏になる前に強という時期がありますが、この時期はとにかく湿気が高くなりますので、風通しの良い場所を意識するようにしましょう。胡蝶蘭は湿気を好む植物ですが、湿気が高すぎてしまうと病気になってしまいます。もし梅雨の時期に花が咲いているのであれば、1ヶ月に1回ほど、1500倍から2000倍程度に薄めた液体の肥料を与えてあげると良いでしょう。花が咲いていないならば肥料を上げる必要はありません。

●夏の育て方
夏は気温が高くなりますので、胡蝶蘭を置く場所に注意が必要です。確かに日差しが明るくなりますが、直射日光が当たらないように気をつけ、出来る限り日光を半分遮った風通しの良い場所に置くようにしましょう。太陽の光にあてたいと思うならば午前中がお勧めです。直接当てることなく、カーテン越しなどにすれば問題はありませんが、胡蝶蘭は西日を好みませんので西日には注意です。また、エアコンを使う人が多い時期ですが、エアコンや扇風機の風が直接当たらないように気をつけましょう。
夏場は乾燥しますので、10日に1回ではなく1週間に1回の目安で水やりをしましょう。ここでももし花が咲いているのであれば液体肥料をあげると良いです。

●秋の育て方
秋になると気温が低くなっていきますので、特に太陽の光が当たる場所を意識しましょう。しかし常に直射日光には気をつけ、風通しが良い場所を選ぶことが大切です。たとえ花が咲いていたとしても、休眠の時期に入っていきますので肥料を上げる必要はありません。水やりは夏場とは違いますので10日に1度で十分です。

●冬の育て方
特に父の育て方を知っておくことが大切です。家庭によって事情が異なりますから、適切な場所に胡蝶蘭をおくようにしましょう。日中はレースのカーテン越しに置いておくのが最適だと言われていますし、風通しの良い場所が好まれますので最もドアや窓を開け閉めすることの多いリビングルームが良いと考えられます。ただし、家庭によってはリビングルームでは無い部屋の方が風通しが良いということもありますし、家族が仕事をしていたりするとそもそもリビングルームを使わないということもあるかもしれません。そのような場合はどこの部屋が良いのか考える必要があります。
また、どうしても胡蝶蘭を置いている部屋が冷え込んでしまうということであれば、その部屋の真ん中に胡蝶蘭を置き、新聞紙などで植木鉢をくるむと温度を一定に保つことができます。部屋の端っこよりは部屋の真ん中の方が温かいですので、同じ部屋の中でもどこの気温が高いのかということを意識しましょう。
水やりは20日に1回で良いです。1週間や10日に1回は多すぎますので、胡蝶蘭の様子を見ながら判断しましょう。20日たっても占めているという場合は水やりをする必要はありません。充分乾いているということを確認して水をあげましょう。
そして天気が良く、暖かい午前中に水をあげることが大切です。午後水をあげてしまうと冷えてしまうことがありますので、暖かい時間帯を狙い、水も常温かぬるま湯で問題ありません。冷たい水をあげる必要はありません。そして花が咲いていたとしてもすでに休眠期に入っていますので、肥料を上げる必要はありません。

●気をつけるべきことについて
胡蝶蘭を室内に置くのであれば、部屋の温度は20度前後に保つと理想的です。温度が高ければ良いというわけでもありませんし、低ければ良いというわけでもありません。気温が合わないと花がしおれてしまったり、枯れてしまったり、ということもあります。また花が痛んでしまいますので部屋を乾燥させないことも大切です。水をあげるのとは別に、適度葉っぱに霧吹きなどで水をかけてあげると良いでしょう。
そして寄せ植えをしていたり2年間植え替えをしていないということであれば、春の時期に植え替えをすることが大切です。しかしもしも病気になっていたら、いつの時期であってもすぐに植え替えてあげることが大切です。病気では無いのであれば冬の植え替えは避けるようにしましょう。

 

胡蝶蘭のギフトやプレゼントと贈り物を宅配
http://www.kochoran.ne.jp/