出産祝いの送り方について

出産のお祝いは従妹や友人同士で近親者でない場合は産後1週間を過ぎて落着いてから1か月以内に伺うことがいいと思います。おうちに伺う場合は長居はしてはいけないといいます。また性別を確認して赤ちゃんが無事かどうか聞いてからのほうがいいです。例えば低体重で生まれたりした場合、月齢に合った服を買ってあげてもその月齢が来てもまだまだ小さくて着られなかったりするからです。私がいただいてうれしかったのはやはり自分では買わないようなベビー服でした。1歳から2歳になって着られるものはやはり外出時に可愛い服を着せたいのでかなり助かりました。娘が一昨年出産してお友達数人がお金を出し合って買ってくれたものにベビーカーがありました。数人で買ってくれたので6・7万もするような外国製のものでした。外国製なので、だいぶ重いと思いました。しかも外国的で赤くてかなり派手なデザインです。かわいいのだけれども娘は目立ちすぎて嫌だと言っていました。それから何軒かお店で見てくると日本産のが小さくてとても軽いです。女の人の力で毎回車から出して折りたたんでなどの作業を考えると軽いほうが絶対使いやすいはずです。子供も1歳を過ぎて、公園や買い物や病院など外出が多くなりベビーカーを使う頻度がふえました。使いづらいと言う事で新しいのをかいました。そのうちいただいたものは全然使わなくなり畳んでも外国製品と言う事で大きいので邪魔になるので今は我が家の玄関内に置いたままになりました。娘は友人たちに直接的には絶対に言えないけれど要らなかったなと言っています。ベビーカーをプレゼントしてくれるならどいうのがいいのか一言言ってくれればよかったのになと思っているらしいです。なので、出産祝いなどを送る際には何がいいのか聞いて見るのもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です