就職祝いの基本マナー

就職祝いを贈ろうと考えている方もいらしゃると思います。
学生生活を卒業し社会への仲間入りをする大きな節目でもあります。
そこで新生活を応援する気持ちも込めて就職祝いの基本としていくつかマナーがあるので覚えておくといいと思います。

就職祝いを贈るタイミングは、内定の取り消しや卒業ができないなどどんなトラブルがあるわからないので、3月に入るまで贈る事は待っていた方がいいと思います。

選び方としては、仕事で使う必需品やオンでもオフでも使える物が一般的に喜ばれます。
男性にはネイビーやグレー系のスーツやネクタイ、バックや腕時計が人気です。
女性には少し大きめのビジネスバッグやキレイな腕時計も人気があります。
出費が多い時期なので、現金や商品券でも喜ばれます。
スーツなどの服の場合はサイズ合わせが必要となるので、一緒に店舗に行ってどれにするか決めてもらっても良いかもしれません。

逆にあまり喜ばれずNGとなってしまうプレゼントもあります。
例えば万年筆は贈り物の定番ですが、職業によってはほとんど必要ないこともあります。
品物が高級すぎるのも、受け取る側としてはあまりいい顔はできません。
花束というプレゼントもありますが、イベントなどで渡すと喜ばれますが就職祝いとして贈る物は社会人の第一歩でもあるので、後にも残るこれからもずっと使える物を基準に考えてみてもいいと思います。
もらっても使わずそのままにしておくよりも、社会人として日々利用できるものを贈って相手に喜んでもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です