感謝の意を込めて贈るお中元・お歳暮

日本人にとって切り離せないのが、お中元・お歳暮を贈って相手に日頃の感謝の意を伝える行事です。
お中元やお歳暮を贈る時期は大体決まっています。
お中元は、地域によって多少違います。
関東では7月上旬から中旬ぐらいまでに贈ります。
関西では8月上旬くらいまでに贈る方もいます。
お歳暮は、12月中旬から下旬ぐらいまでに贈ります。
お中元は夏、お歳暮は冬に贈るということになっています。
お中元・お歳暮を贈る時のマナーについてですが、一般的にお中元とお歳暮のどちらかだけを贈るという場合は、お歳暮だけを贈るという場合が多いです。
この1年間お世話になりましたという意味を込めて贈るというわけです。
お中元・お歳暮の2つを贈る場合は、金額を同じにするか、お歳暮の方を若干高い金額にするのが一般的です。
お中元・お歳暮におすすめの贈り物は、もらっても困らない食料品です。
お中元は暑い夏に贈るので、涼しげな食料品が喜ばれます。
ドリンク系だと、普段あまり買わないような高級なビールは大変喜ばれるのでおすすめです。
またお子さんがいらっしゃる家庭でしたら、ジュースやカルピス、野菜ジュースセットなどが喜ばれます。
デザート系だと、水ようかんやゼリーのセット、アイスクリームなどが喜ばれます。
料理系だと、そうめんが喜ばれます。
相手のことを大切に思っていますという気持ちが伝わる贈り物がおすすめです。
お歳暮は寒くて食欲がある冬に贈るので、比較的何でも喜ばれます。
豪華にカニを贈ると喜ばれますのでおすすめです。
お肉やハム、ソーセージもおすすめです。
おせち料理の一品として重箱に入れることができるからです。
年越し用におそばやうどんのセットを贈るのも気遣いが感じられるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です